印刷を行う際に必要な様々な道具と知識について

石を用いた紙

ストーンペーパーの存在について

紙は主原料が、木材から植物繊維であることから森林伐採を進め、植林が追いついていない結果が自然破壊の一環とされてきたこともあります。 リサイクル活動の一つとして、古新聞や古雑誌などを再生紙として利用するリサイクル運動も活発になっています。 しかし、近年では植物繊維を主原料としない紙が出現したのです。 それは、石を原料としていることからストーンペーパーと呼ばれています。 石から、無機鉱物粉末を抽出して作り出します。 ストーンペーパーの特長は何といっても、森林を伐採する必要がないので、自然破壊や地球温暖化に配慮するといったことでも優れています。 また、製造時に水を使うこともなく劇薬を流すこともないので、水質汚染といった観点でも素晴らしいです。

オフセット印刷は普通インキでできます

従来のものより、耐久性と耐水性に優れているストーンペーパーは、質感が植物繊維のものと比べても独特な質感があります。 しっとりとして高級感を感じさせる手触りですが、従来のものよりも多少重さが変わります。 滑らかな筆記性で、鉛筆を使うのであれば水中での筆記も可能です。 ストーンペーパーの滑らかな触り心地は、実際に触れてみると確実に記憶に残ります。 情報が、早い人ならば名刺を印刷してもらうといった賢い利用方法をしています。 触ったらわかるので、名刺を渡しただけでエコ活動に参加していることを、さりげなく伝えることができるからです。 ストーンペーパーができる印刷の種類は三つです。 オフセット印刷、シルク印刷、UV印刷となっています。 紙自体が、他の紙に比べると割高な分名刺の印刷も少々高めになりますが、自然環境を守るための貢献にもつながるのです。