印刷を行う際に必要な様々な道具と知識について

汎用性の高い磁石

マグネットシートとカッティング印刷について

マグネットシートとは、裏面がマグネットになっているシートの事です。そのマグネットシートの表部分に、専用の印刷機でカッティングしたシートを貼り付けて使用します。カッティング印刷をするには、専用のソフトをパソコンにインストールして使用します。ソフトを使用して自由に文字を打ち込み、打ち込んだ文字通りにカッティングされ、マグネットに貼り付けるというしくみになっています。文字入力には多くのフォントを使用する事ができ、マークや図形等も取り込めばカッティング印刷をする事が可能となっています。 主に、工事現場や広告等で使用されてきましたが、近年では、マグネットシートをキャラクター型にカッティングしたり、名刺型にカッティングして販売・配布する等、様々な形で利用されています。

建設業者や不動産業者で重宝されている

マグネットシートを使用する業者の一つとして、建設業者が挙げられます。建設業者は、工事用看板や工事用黒板を多く使用する為です。その為、マグネットシートを使用して、あらゆる現場でも使用できるようにしているのです。工事用黒板に使用する際には、黒板色のマグネットシートを使用します。専用の印刷機で工事名や工期、測点等を白色でカッティング印刷し、貼り付ける事でチョークで文字を書く手間を省く事が可能になります。また、施工状況や材料検収等は建設業界では共通の言葉になりますので、重宝されます。 その他に、マグネットシートをよく使用する業者として、不動産関係の業者が挙げられます。不動産関係は、賃貸マンションや月極め駐車場等の看板によく使用します。空きありや満室等のマグネットシートを状況に応じて貼り付ける事で、消費者に迅速にお知らせする事ができるのです。 このように、マグネットシートは様々な分野で重宝されているのです。