印刷を行う際に必要な様々な道具と知識について

注目記事

  • 石を用いた紙

    紙の原料は植物繊維です。そのため、近年紙を作り出す際の森林伐採が大きな問題となっています。そこで開発されたのが、石から紙を作り出す技術です。これにより、植物繊維を利用しない紙が一般に浸透し始めているのです。

  • 汎用性の高い磁石

    主に学校などで利用される、薄い磁石を利用したマグネットシートは、非常に汎用性の高い存在といえます。そのマグネットシートの上からカッティングシートを印刷し、貼り付けることで更に利用の幅が広がります。

    必要な時だけ貼って、不要な時には剥がせる。とっても便利なマグネットシートの印刷なら当社におまかせください。営業車などで活躍しています。

年賀状の郵送

名刺制作といえばここで!挨拶の時にきっと印象に残る一枚を作ってくれますよ!まずはサイトをチェック!

年賀状を注文する方法やメリット

年賀状を注文する方法として、自作しないで発注する場合、多くは年賀状印刷された図柄に名前・住所・電話等の情報を入れてお年玉付き年賀はがきに印刷してもらえます。発注するところはたくさんございます。はんこ屋、印刷ショップ、写真店、スーパー、コンビニなどさまざまなところで受付しているので発注先には困りません。業者へ発注するメリットとして、まず印刷仕上がりが美しいということが一番です。家庭内プリントはインクジェット方式が多く、どうしても文字が弱くきれいではありません。ただ、手作り感があるのでそこは業者発注とは違う価値観があります。1度発注すれば、翌年案内状が郵送されるので注文しやすいです。いろんなことを考えずにすみます。

現在の発注スタイルや取り組み

年賀状の注文、年賀はがきの売れ行きは年々減少しております。電話や電子メール、SNSなどを利用した年始挨拶を行ない年賀状を出さない方が増えているからです。パソコンやスマートフォンの普及により電子化されいくものがありますが、年賀状が全く無くなることはございません。紙での伝達、媒体というものは必ず必要と感じます。年賀状印刷や販売業者はたくさんありますが年賀はがきの販売元が1つなので自由化すればおもしろい結果や効果が得られると予想されます。販売促進する方法も変わってきます。現状でお得に注文する方法として、インターネットより年賀状印刷の通販サイトから選び発注することが便利でコストダウン出来るます。年賀はがき代が45円という販売サイトがございます。探して見てください。

おすすめ記事

  • かかる費用

    名刺製作一枚単位で作成することはほぼありません。一度にたくさん作ることでコストを落とすことができ、有効に利用できているのです。名刺はビジネスマンにとって必要不可欠なものなので、切らさないほうがいいでしょう。